ブログ

入れ歯は何歳から?平均年齢と入れ歯になる原因と対策法

▼目次

1. 初めての入れ歯の平均年齢と必要性

2. 入れ歯が必要になる原因を解説

3. 入れ歯の適切な開始時期

4. 入れ歯を避けるための口腔ケアと予防方法

 

1. 初めての入れ歯の平均年齢と必要性

 
多くの場合、初めて入れ歯を必要とする平均年齢は60歳以上とされますが、実際には機能や審美性が低下した歯がある場合や、歯が欠損している場合には、年齢に関係なく入れ歯が必要とされることもあります。
また、歯周病や交通事故などの外傷、口腔ガンなどのご病気など、様々な要因で歯の欠損が起こりうるため、年齢だけでは判断が難しいです。
その為、30代や40代でも、お口の状態によっては入れ歯を使用している方は多くいらっしゃいます。

入れ歯が必要とされる主な理由として、機能面と審美面の改善が挙げられます。
歯が欠損することで噛み合わせが悪くなると、消化器系や栄養摂取に悪影響が出ることがあります。
また、顔貌の変化や発音障害などが生じることもあるため、審美性の面でも入れ歯が必要とされるでしょう。

さらにご自身の歯が多く残っている場合でも、欠損している部位によっては、入れ歯をすることで周囲の歯の負担が減り、寿命が延びることが期待できます。
そのため、早期の治療が大切だと言えます。
入れ歯を使用することは決して恥ずかしいことではなく、生活や今後の身体にとってプラスに働くこともあるため、
年齢を気にせず、上手く活用することをおすすめします。

当クリニックでは、患者さんのお口の状況をしっかりと診察し、必要に応じて適切な入れ歯の提案を行っております。
また、適切なケア方法やメンテナンスのアドバイスも行っておりますので、安心して治療を受けていただけます。

初めての入れ歯に対する不安や疑問をお持ちの患者さんも少なくないことと思います。
当クリニックでは、患者さんの不安や疑問に丁寧に対応し、適切な治療を行っておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

2. 入れ歯が必要になる原因を解説

入れ歯が必要になる原因として、さまざまな状況が考えられます。
 

➀虫歯や歯周病による歯の喪失

虫歯や歯周病は、適切なケアが行われないと進行し、最終的には歯を失う原因となります。
歯周病は、歯を支えている骨がだんだんと失われ、歯が抜け落ちることがあります。
虫歯も放置すると、歯の内部が損傷し、根管治療や抜歯が必要になることがあります。
 

➁加齢による歯の摩耗や損傷

年齢とともに、歯が摩耗していくのは自然な現象です。
しかし、極端な摩耗や歯の損傷がある場合は、入れ歯が必要になることがあります。
また、歯の数が減っていくと咬み合わせが悪くなり、さらなる歯の摩耗や損傷を招くことがあります。
 

➂事故など、外傷による歯の喪失

スポーツや交通事故などの外傷により、歯が折れたり、喪失したりする場合があります。
このような状況では、入れ歯を用いて咬み合わせや見た目を回復する方法も一つの治療方法として検討されます。
 

➃先天的な歯の欠損や形成不全

生まれつき歯が欠損している場合や、歯の形成が不完全な場合、入れ歯が必要になることがあります。
 
当クリニックでは、これらの原因により入れ歯が必要になる患者さんに対して、適切な治療プランを立て、最適な入れ歯を提供しています。
また、予防歯科や定期的な検診を通じて、早期に歯の問題を発見し、入れ歯が必要になるリスクを低減することも目指しています。
患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、丁寧なカウンセリングと治療を心がけております。
歯に関するお悩みがある方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

 

3. 入れ歯の適切な開始時期

入れ歯の適切な開始時期は、患者さんの要望や歯の状態によって異なります。
しかし、一般的には、歯を失った直後から準備を始めることが推奨されています。
これは、歯が無くなった部分に適切な負荷をかけることで、顎の骨が短期間で縮小するのを抑制し、残った歯への負担を軽減するためです。
当クリニックは、患者さんが入れ歯を始める適切なタイミングについて具体的な提案をさせていただきます。

まず、歯を抜き取った直後は、出血や腫れがあるため、抜歯後すぐに、最終的な入れ歯を作り始めることは適切ではありません。かといって、抜歯後の歯茎が綺麗に治るまでには、最低でも3ヶ月は時間がかかります。
そのため、歯茎が治るまでの間、また新しい入れ歯を作製しているまでの間は、治療用の入れ歯をお使いいただくことを推奨しております。

また、歯を抜いてから時間が経ってしまった方に関しては、入れ歯はいつでも作り始めることができます。
ただし、時間が経つほど顎の骨が縮小してしまうため、フィット感を改善するためには、適切な調整が必要です。
入れ歯の使用を始める際には、適切な調整やケアの指導を行い、快適に過ごせるようサポート致します。

当クリニックでは、患者さんの歯の状態やご要望を詳しくお伺いし、それに応じて適切な入れ歯のタイプや開始時期を提案しています。
入れ歯を検討されている方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。
一緒に、ご満足いただける入れ歯装着のタイミングや適切なケア方法を見つけ出しましょう。
健康な歯の状態を維持するためにも、適切なタイミングでの入れ歯使用が大切です。
ご不安な点があれば、お気軽にご相談ください。

 

4. 入れ歯を避けるための口腔ケアと予防方法

➀適切なブラッシング

歯磨き粉を適量使い、歯ブラシで歯の表面を細かく一本一本磨くことで、プラークや歯垢を除去できます。
特に、歯と歯ぐきの境目を丁寧に磨くことで、むし歯や歯周病の予防につながります。
また、歯磨きだけでは届かない歯間や奥歯の処理には、デンタルフロスやインターデンタルブラシを使うことがお勧めです。
 

➁定期的な歯科検診の受診

当クリニックでは、患者さんのお口の状態をチェックし、早期発見・早期治療を心がけています。
むし歯や歯周病が進行してしまう前に、適切な治療を受けることが、入れ歯を避けるための重要なポイントです。
 

➂食生活

砂糖や酸性飲料の摂取を控え、野菜や乳製品を積極的に摂取することで、歯や歯ぐきへの負担を減らすことができます。
また、バランスの良い食事は、口腔内環境を整えるだけでなく、全身の健康にも繋がります。
 

➃禁煙

喫煙は歯周病の進行を早める要因となり、喫煙者の方は歯周病になりやすいと言われています。
禁煙に取り組むことで、歯周病のリスクを抑え、入れ歯を避けられる確率が高まります。
 

➄ストレスの軽減

ストレスにより口腔内の免疫力が低下し、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。
ストレスを適切にコントロールすることで、口腔内環境の改善が期待できます。
 
以上の方法を実践するとともに、歯科クリニックでの定期検診を続けることで、患者さんが入れ歯のリスクを軽減し、健康な歯を保つことができるでしょう。
 


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太