ブログ

奥歯に入れ歯は入れられる?デメリットとは?治療法とケア方法

▼目次

1. 奥歯に入れ歯を入れることは可能?

2. 入れ歯のデメリット:奥歯に入れ歯を入れる際の注意点とリスク

3. 歯科クリニックで提供される奥歯を補う治療法

4. 奥歯の入れ歯ケアのポイント

 

1. 奥歯に入れ歯を入れることは可能?

奥歯に入れ歯を入れることは、実際に可能です
奥歯はしっかりと咀嚼するために重要な部分であり、奥歯を失ってしまった場合、歯を補う一つの方法として、入れ歯治療が考えられます。

入れ歯は、金属やプラスチックなどの素材で作られており、それぞれに特徴があります。

当クリニックでは、患者さんに最適な入れ歯や素材をご提案するために、まずは口腔内の状況を把握し、お悩みやご要望をお伺いします。
その後、機能性と審美性の両面から、患者さんにとって最適な入れ歯を選択するお手伝いをさせていただきます。

入れ歯を使用する際には、適切なケアが欠かせません。
入れ歯には食べ物が付着し、細菌が繁殖することがありますので、使用後は必ず適切な方法で洗浄しましょう。
また、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることで、入れ歯の寿命や機能性を向上させることができます。

奥歯に入れ歯を入れることは可能であり、適切なケアやメンテナンスを行えば、咀嚼機能を100%とまではいかないものの、ある程度回復させることができます。
当クリニックでは患者さんの口腔内の状況や要望に応じて、最適な入れ歯をご提案いたします。
入れ歯に関するお悩みやご相談がございましたら、お気軽に当クリニックまでお問い合わせください。
 

2. 入れ歯のデメリット:奥歯に入れ歯を入れる際の注意点とリスク

入れ歯は、歯を失った際に、咬み合わせの機能や見た目を回復するための装置です。
しかし、入れ歯にはデメリットも存在し、特に奥歯に入れ歯を作る際には注意点やリスクがあります。
この記事では、私たち歯科医師が、患者さんの奥歯に入れ歯を入れる際のデメリットと注意点について解説します。

まず、奥歯に入れ歯を入れる際に起こりやすいデメリットとして、咬み合わせの変化が挙げられます。
入れ歯はどれだけ精密に作ったとしても、あくまで歯肉の上に乗っかっているものであり、
自分の歯とは異なるため、咬む力を100%回復させるものではありません。
また適切な噛み合わせの調整も難しく、入れ歯を入れることで患者さん本来の咬み合わせのバランスが変わり、歯が当たる位置が変わってしまうことがあります。
これが原因で顎関節症などの症状が発生することがあるため、注意が必要です。

次に、入れ歯の適合性による問題もデメリットとなります。
奥歯に入れ歯を作る際には、精密な技術が求められるため、適合が悪いと痛みや違和感を感じることがあります。
このような場合にはすぐに歯科医師に相談し、調整あるいは再作製を行ってもらうことが大切です。

また奥歯に入れる部分入れ歯の場合、隣接する健康な歯に負担がかかることもデメリットです。
部分入れ歯を支えるために健康な歯にクリスプ(金属の金具)をかけることがありますが、これが原因で歯が削られることがあります。
そのため口腔内の状況や年齢、全身疾患など、患者さんの背景も考慮しますが、ご自身の健康な歯を守るためにインプラントの検討をお勧めすることもあります。

状況に応じて最適な治療方法を選択できるよう歯科医師とよく相談し、適切な判断をすることが重要です。
 

3. 歯科クリニックで提供される奥歯を補う治療法

一般的に奥歯を補う方法には、次の2つの方法があります。

➀部分入れ歯
➁インプラント
➀部分入れ歯

一部の歯が失われている場合に用いられる入れ歯です。
部分入れ歯は、金属や樹脂製のバネのような部品を使用して、残っている歯を支えに固定されます。
これにより、咬み合わせを改善することができます。

➁インプラント

失ってしまった奥歯の部分に、人工の歯根(インプラント)を埋め込むことで歯を補う方法です。
インプラントは骨に直接埋め込まれ、自然な歯の形態を再現していますので、歯と似た強度と見た目、噛み心地を再現します。
インプラント治療は、長期的に安定した治療効果が期待できますが、費用が高いことがデメリットです。

失ってしまった奥歯を補うための最善な治療法を選択するため、歯科医師のカウンセリングが重要です。
当クリニックでは、患者さんのお口の状態やライフスタイルに合わせて最適な治療を提案し、回復へと導くサポートをしております。
奥歯を補うための治療方法に関するご相談をお考えの方は、ぜひ当クリニックまでご連絡ください。
 

4. 奥歯の入れ歯ケアのポイント

適切なケアを行うことで、入れ歯の寿命を延ばし、より快適な使用感を得られることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

まず、入れ歯の清掃ですが、毎日のケアが大切です。
食後の歯磨きと同様、入れ歯もすぐに汚れがたまり、細菌の繁殖が始まります。
そのため、外した入れ歯を専用の歯ブラシや専用のクリーナーで丁寧に磨くことが大切です。
また可能ならば、細菌を殺すための専用の入れ歯洗浄剤も併用してみましょう。

次に、入れ歯の調整です。
長期間同じ入れ歯を使用すると、口腔内の状況が変化するだけでなく、徐々に入れ歯自体も劣化していき、合わなくなることがあります。
そうなると、噛む力が十分に伝わらなくなり、結果的に痛みや違和感を感じることがあります。
そのような状況にならないよう、定期的に私たちのクリニックにお持ちいただき、適宜調整をすることが大切です。

続いて、入れ歯の保存方法についてですが、使用しないときは必ず水に浸けておくことが望ましいです。
これは、入れ歯が乾燥することで生じる、入れ歯の変形や細菌繁殖を防ぐためです。
ただし、熱湯に入れたりすると入れ歯が変形してしまうため、常温の水に浸けるよう注意しましょう。

最後に、口腔内のケアをお忘れなく。
入れ歯を使用することで、口腔内の自浄作用が低下しやすくなります。
そのため、歯磨きや舌苔を除去するケアは、入れ歯を使用している方にとっても重要です。

これらのポイントを押さえたケアを行うことで、奥歯の入れ歯使用時の快適さや寿命が大きく向上します。
当クリニックでは、患者さん一人ひとりに合わせた入れ歯ケアの指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太