ブログ

「入れ歯」と「ブリッジ」どっちがいい?最適な治療選択のためのメリットデメリット

▼目次

1. 入れ歯とブリッジの違い

2. 入れ歯のメリットとデメリット

3. ブリッジのメリットとデメリット

4. 当クリニックの入れ歯とブリッジの治療について

 

1. 入れ歯とブリッジの違い

入れ歯とブリッジは、歯を失った患者さんにとって、どちらが適切な治療選択肢かを検討する際によく比較されます。

まず、入れ歯は着脱式の装置であり、失われた歯を補う治療方法です。
入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。
部分入れ歯は、部分的に歯が欠損している場合に適用され、金属や樹脂、人工歯を用いて作製されます。
一方、総入れ歯はすべての歯が欠損している場合に適用されます。

ブリッジは固定式の装置であり、欠損した歯の隣にある健康な歯を支台として利用し、その間を人工の歯で埋める方法です。
ブリッジは患者さんのお口の中に固定されるため、入れ歯に比べ安定性が高く、より自然な噛み心地を提供します。

どちらの治療法が患者さんに適しているかは、患者さんの口腔内の状況によって異なります。

当クリニックでは、患者さん一人ひとりの状況とニーズに合わせて、最適な治療プランを提案しています。
入れ歯とブリッジの違いに関する詳細や、どちらが患者さんに適した選択肢であるかをより深く理解したい場合は、ぜひ当クリニックまでお問い合わせください。

 

2. 入れ歯のメリットとデメリット

まず、入れ歯のメリットをご紹介しましょう。

➀咀嚼機能の向上

入れ歯を使用することで、咬む力が改善され、食事の際の不自由さが軽減されます。

➁発音の改善

正しい位置に歯があることで、発音がスムーズになり、日常会話がしやすくなります。

➂外見の向上

入れ歯を使用することで欠損していた歯が補われ、自然な笑顔が取り戻せます。

➃低リスク

歯科治療の中でも比較的リスクが低く、手術が必要ない場合が多いです。
 
 
次に、入れ歯のデメリットについて説明します。

➀適応期間

装置も大きく、着脱式であることから慣れるまでに時間がかかることがあります。

➁定期的な調整

入れ歯は使うことで摩耗し、状態が変化するため定期的に調整が必要です。

➂洗浄・手入れ

入れ歯を清潔に保つためには毎日の手入れが欠かせず、手間暇がかかります。
 
当クリニックでは、患者さんの要望や状況に応じた最適な入れ歯をご提案します。
これらのメリットとデメリットを総合的に考慮し、患者さんにとって最適な選択肢を選ぶことが重要です。
もし入れ歯に関して質問や不安がある場合は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

 

3. ブリッジのメリットとデメリット

まず、ブリッジのメリットについてお伝えします。

➀自然な見た目

ブリッジは、隣の歯を支台として、欠損部分に人工歯を固定するため、見た目が自然で、周囲の歯と遜色ない仕上がりです。

➁速い治療期間

ブリッジ治療は、インプラント治療よりも短い期間で治療が完了します。
回復・調整の期間が短いため、お忙しい患者さんにも適しています。
 
 
次に、ブリッジのデメリットについて説明します。

➀隣接する歯への影響

ブリッジを装着する際、隣接する歯を削る必要があります。
これにより、健康な歯に負担がかかり、将来支台となっている歯がダメになってしまうリスクが高まることが懸念されます。

➁清掃が難しい

ブリッジが欠損部分に装着されると、周囲の歯と連結されます。
そのため、歯磨きが難しくなることがありますので、定期的なメンテナンスが必要となります。

➂持続性が低い

ブリッジは、インプラントと比較しても寿命が短く、10年程度が平均的な寿命とされています。寿命が来ると、治療を再度受ける必要があります。
 
以上がブリッジのメリットとデメリットです。
当クリニックでは、患者さんに最適な治療法を提案し、満足度の高い治療を目指しています。
これらの情報を参考に、ご自身の状況に合った治療を選んでいただければ幸いです。

 

4. 当クリニックの入れ歯とブリッジの治療について

まず、入れ歯の治療では、患者さんのお口の状態やご希望に合わせて、適切な素材や治療法をご提案しています。
当クリニックでは、従来の金属やアクリル素材だけでなく、やわらかい素材で制作する特殊な入れ歯や、見た目が自然で、インプラントを固定源とするインプラント入れ歯などの選択肢も提供しています。
また、使用する素材にこだわらず、患者さんのお口の形状に沿った快適な装着感を追求し、食事や会話がしやすい入れ歯を提供しております。

次にブリッジ治療ですが、お一人お一人の歯の形状に最適化されたブリッジを製作しています。
これにより、従来のブリッジよりもぴったりとフィットし、長期的に安定した装着感が得られるだけでなく、外観も自然で美しい仕上がりになります。
また、ブリッジを支える健康な歯への負担も考慮した上で、治療法をご提案しております。

当クリニックの入れ歯とブリッジの治療では、継続的なアフターケアも重視しています。
定期的に検診を受けることで、入れ歯の装着状態やブリッジの状態をチェックし、早期に手直しや調整を行うことができます。
これにより、治療を受けた方々に、快適な生活を送り続けていただくことが可能です。

以上のように、当クリニックの入れ歯とブリッジ治療は、患者さんにとって満足度の高い治療を目指しています。
お口のトラブルにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。
どんな些細な質問でも大丈夫です。お気軽にお尋ねください。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太