ブログ

前歯入れ歯にお悩みの方へ 種類とメリットデメリットを解説

▼目次

1. 前歯入れ歯の種類と特徴

2. 前歯入れ歯のメリット

3. 前歯入れ歯のデメリットと対処法

 

1. 前歯入れ歯の種類と特徴

前歯入れ歯は、前歯を失った際に、審美性や機能性を回復するために使用される装置です。
これにはいくつかの種類があり、それぞれの特徴や利点、欠点があります。以下に当院でお勧めする入れ歯のタイプを紹介します。

➀やわらかい特殊入れ歯

入れ歯の裏に生体シリコンをクッションとしてコーティングしており、かつ金具(クラスプ)がないため、審美的にも優れていることが特徴です。
お口にフィットし外れにくいのも特徴です。

➁インプラント入れ歯

インプラント入れ歯は、インプラントを土台にして固定する入れ歯です。
インプラントは顎骨に埋め込まれるチタン製の人工歯根で、これに入れ歯を固定するため、非常に安定しています。
利点としては、装着感が優れ、噛む力が自然歯に近く、審美性も高い点が挙げられます。
しかし、手術が必要であり、治療期間が長く、費用も高額になることがデメリットです。

前歯入れ歯の選択は、患者の口腔内状況やライフスタイル、予算などに応じて適切なものを選ぶことが重要です。
歯科医師は、各入れ歯の特性や患者のニーズを考慮し、最適な治療法を提案します。
 

2. 前歯入れ歯のメリット

前歯入れ歯は、欠損した前歯を補うための装置で、見た目や機能を向上させてくれます。

まず、前歯入れ歯の最大のメリットは、見た目の改善です。
前歯の見た目は、笑顔に大きな影響を与えるため、前歯入れ歯を使用することで自然な笑顔を取り戻すことができます。

次に、前歯入れ歯は食事の際の咬む力を改善する効果があります。
前歯の欠損によって、食べ物が食べにくくなるため、前歯入れ歯を使用することで、正しく咬むことができるようになり食事を楽しむことができるようになります。
これにより、患者さんの食生活の質が向上し、栄養バランスも保たれるようになります。

また、前歯入れ歯は発音に大きな影響を与えます。
前歯が欠損していると、特定の音を正確に発音するのが難しくなることがありますが、前歯入れ歯があることで、正確な発音が可能となり、日常生活でのコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

前歯入れ歯には、見た目や機能の向上、発音のサポート等のメリットがあります。
当クリニックでは、患者さんに最適な前歯入れ歯を提供し、皆様の笑顔をサポートしております。
どの治療法が自分に合っているか悩んでいる方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。
 

3. 前歯入れ歯のデメリットと対処法

前歯入れ歯のデメリットと対処法について、歯科医師として皆さんに解説します。

前歯入れ歯のデメリット
➀食感の違い

前歯入れ歯は天然歯に比べて噛み心地が劣ります。硬い食物を食べる際には特に違いが感じられることでしょう。

➁音声発音の変化

前歯入れ歯は天然歯と違い、音声発音が変化することがあります。これは、入れ歯を支える薄いベースの影響で起こります。

➂不安定な装着感

前歯入れ歯は適切なフィット感がない場合、違和感やズレを感じることがあります。

➃クリーニングの手間

前歯入れ歯には天然歯と同様に、プラークや歯石が付着するため、定期的なクリーニングが必要です。

対処法は以下です
➀食事の工夫

前歯入れ歯を使用している場合、硬いものを避けて柔らかい食べ物を摂取することがおすすめです。また、食べ物を小さく切って咀嚼することも効果的です。

➁適切な音声発音練習

音声発音が変化してしまった場合は、言語療法士や歯科医師と相談し、練習方法を学ぶことが望ましいです。

➂適切な装着感の確保

前歯入れ歯の適切な装着感を確保するために、専門的なアドバイスを受けることが重要です。当クリニックでは、患者さんの口腔内の状態を把握し、適切な前歯入れ歯を選択・調整いたします。

➃クリーニングの習慣化

前歯入れ歯の定期的なクリーニングが必要です。特に就寝前のクリーニングが重要であり、適切な手順で行うことが大切です。

前歯入れ歯のデメリットと対処法を理解し、適切なケアや対策を行うことで、前歯入れ歯を快適に使用することができます。
当クリニックでは、患者さんひとりひとりの状態や悩みに寄り添い、適切なアドバイスやサポートを提供いたします。お気軽にご相談ください。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太